利用者資金の保全方法および無権限取引により発生した損失の補償等の対応方針について

【利用者資金の保全方法】

資金決済に関する法律(以下「資金決済法」といいます)第14条1項の規定の趣旨:
前払式支払手段の保有者の保護のための制度として、資金決済法の規定に基づき、前払式支払手段の毎年3月31日及び9月30日現在の未使用残高の半額以上の額の発行保証金を法務局等に供託等することにより資産保全することが義務づけられております。
資金決済法第31条1項に規定する権利の内容:
万が一の場合、前払式支払手段の保有者は、資金決済法第31条の規程に基づき、あらかじめ保全された発行保証金について、他の債権者に先立ち弁済を受けることができます。
発行保証金の供託、発行保証金保全契約または発行保証金信託契約の別:
当社の利用者資金の保全方法は次のとおりです。
・金銭による供託

【無権限取引により発生した損失の補償等の対応方針】

利用者の意思に反して権限を有しない者の指図が行われたことにより損失が発生した場合の利用者の補償等の対応方針は、以下の通りとなります。

◆ <ellena Gift Card及びエレナ商品券について>

当社は、当社の故意又は重過失による場合を除き、ellena Gift Card及びエレナ商品券の紛失、盗難等により、利用者に生じた損失について、原則として、その責任を負わないものとします。

◆ <スマートELLECAマネーについて>

当社は、お客様が紛失、盗難等により[スマートELLECAマネー]を第三者により不正に利用された場合やその他の損害が生じた場合、原則として、その責任を負わないものとします。
ただし、スマートELLECA会員登録済のお客様がカードの紛失・盗難等を申し出をされた場合、当社による利用停止措置が完了した時点のスマートELLECAマネーの残高は補償します。詳しくは、スマートELLECAマネー規約の第13条(カードの紛失・盗難等の再発行)をご確認ください。
又当社は、不正取引が発生した場合について、被害額や件数等の事情を勘案し、社会的な影響が大きく、被害の拡大や類似の事案の発生を回避するために有益と判断したときは、速やかに必要な情報を公開します。

【相談窓口および連絡先】

相談窓口: エレナカード事務局
連絡先 : 0956-32-0105
受付時間: 日曜日・元旦を除く午前9:00〜午後6:00