「牡蠣の下ごしらえ」カラつきの場合

カラつきのカキはおいしいけど開けるのが大変。でも、ちょっとしたコツをつかめば案外簡単にはずせますよ。

1.カラにナイフを差し入れる

身のふくらんだ方を下にし、厚みのある方(ちょうつがい側)を手前にして持ちます。ディナーナイフなどをカラのすき間に差し入れます。(手をカラで切りやすいので必ず軍手をしましょう。)

2.ナイフを動かしてカラを開ける

ナイフをカラの平たい方に添わせながら少しずつ動かし、右上あたりについている貝柱を切り離し、カラをこじ開けます。カラに残った貝柱もナイフで切り離し、カキの身を取り出します。

3.大根おろしで洗う

生がきとして食べる場合や、身を白く仕上げたい場合は、大根おろしの中で静かに混ぜ、ヒダの間の汚れや黒ずみを落とします。大根おろしの代わりに小麦粉と水を混ぜて洗っても良いでしょう。

4.塩水でふり洗いする

3.のあと薄い塩水の中でふり洗いし、大根おろしを取り除きます。加熱用や白く仕上げない場合などは、2.のあとでザルに入れ、塩水でふり洗いするだけでよいでしょう。