たけのこの下ごしらえ

旬のおいしさを存分に味わうために、下ごしらえの仕方をマスターしましょう。煮ものや炒め物に幅広く使えます。

1.皮に切り込みを入れる

根元が汚れていれば少し切り、皮の穂先部分をななめに切り落とします。実を傷つけないよう皮にタテに切り込みを入れ。火通りをよくします。

2.赤唐辛子、ぬかを準備する

たけのこがすっぽりと入る鍋を用意し、たっぷりの水と、たけのこ1本につき赤唐辛子1本、米ぬかひとつかみを加えて準備します。

3.やわらかくゆでる

たけのこが浮かないように皿などで落としブタをし、強火で煮立てたら中火にして、1時間くらい(根元に竹串を刺してスッと通るまで)ゆでます。

4.ゆで汁につけて冷ます

やわらかくゆでたら、ゆで汁につけたまま自然に冷まし、アクを抜きます。冷めたらぬかを洗って、切り込みから皮をむきます。