くわいの下ごしらえ

縁起物としてお正月などお祝いの料理に重宝するくわい。ていねいな下ごしらえで、より上品なおいしさが楽しめます。

1.皮をむく

表面をよく洗い、芽を残す場合は、折らないように注意して皮をむきます。煮物にする場合は、形よく六方むき(6面に皮をむく)にします。

2.芽の先を切り落とす

芽の周りの皮を1〜2枚はがしてきれいにします。芽を1.5cmほど残すようにして、先端をななめに切り落とし、底の部分も平らに切り落とします。

3.水につけてアクを抜く

ボールなどにたっぷりと水を張り、2.のくわいをつけてアク抜きします。1時間ほどつけるのが理想的ですが、急ぐ場合はさっと洗って使います。

4.米のとぎ汁で下ゆでする。

米のとぎ汁を入れた鍋にくわいを入れ、火にかけます。沸騰してから10〜15分ほど下ゆでします。揚げ物に使う以外は、下ゆでしておきます。