さといもの下ごしらえ

皮のむき方や、ねばりの取り方など、便利なコツや裏ワザをマスターして、旬のおいしさを引き出しましょう。

1.かゆくなりにくい皮のむき方

さといもは水にぬれるとかゆみ成分が流れ出てしまうので泥つきのまま洗わずに皮をむき、包丁や手もできるだけ乾いた状態で作業をしましょう。 手に塩や重そうをつける方法もあります。

2.皮むきの簡単裏ワザ

泥を洗い落として皮付きのままサッとゆでると、手で簡単に皮をむくことができます。 ラップをかけて電子レンジで加熱しても同様です。普段の料理にあとでつぶす場合には特におすすめです。

3.おもてなしには六方むきで上品に

皮をむく際に上下を少し切り落し、上から見て6角形になるように側面をむきます。 盛り付けた時に見栄えがよく、白煮や炊き合わせなどいろいろな料理で使えるむき方です。

4.ゆでこぼしで味付けもバッチリ

ゆでこぼしとは、下ゆでをしてそのゆで汁をいったん捨てることです。 ゆでこぼしたあとにいもを水洗いするとぬめりがさらにとれます。ゆでムラが防げ、薄味でも味がしみこみやすくなります。