きくらげの下ごしらえ

きのこの一種「きくらげ」は、コリッとした食感で料理にアクセントを添えてくれます。保存の仕方も簡単なので乾物初心者の方にもおすすめの便利食材です。

1.分量を量る

使いたいきくらげの分量を量ります。目分量で戻す場合は5〜6倍に戻ることを想定して量を決めるとよいでしょう。 1枚が大きい場合は、手で割るか、キッチンばさみで切ります。

2.水につけて戻す

さっと洗い、たっぷりめの水につけて戻します。 黒きくらげは1時間以上、白きくらげは30分以上つけておきます。急ぐ場合はぬるま湯で戻すと多少早く戻せます。

3.石づきを取る

全体がやわらかくプリッとした感じに戻ったら、石づきを取ります。 石づきはつまむと固い部分のことで、扇のように広がったきくらげの中心あたりにあり、よく戻っていれば手でもちぎれます。

4.上手に保存する

湿気の少ない場所なら、袋に入ったままでも意外と気軽に保存できますが、新鮮な風味を保つためには、ビンや缶に入れておくのがより確かな方法です。