冷蔵庫の衛生術

食品の鮮度を保つための冷蔵庫だからといって、過信は禁物。食中毒などが心配な夏に向けて、冷蔵庫の衛生管理についてあらためて見直してみませんか。

1.詰め込みすぎない、開け過ぎない。

食品の詰め込みすぎは、庫内の冷気の流れを悪くするため、保冷力が下がり食品が傷みやすくなります。保存量は庫内の7割を目安にし、冷気を逃がさないように開閉回数も少なくしましょう。

2.温かいものは入れない。

温かいものを入れると、庫内の温度が一気に上がり、元の温度に下がるまでに何時間もかかるといわれます。特別な機能が付いている機種を除いて、他の食品の鮮度も落としてしまうので危険です。

3.ラップ&パックでバイ菌を予防

庫内のカビなどの浮遊菌から食品を守るためには、こまめにラップをかけたり、保存容器に入れることが大切。肉や魚の汁が野菜などに付くのを防ぐためにも必要です。

4.お酒でふけばカビ知らず

庫内の衛生管理には、こまめな掃除が何より。さらにカビ予防には、焼酎を水で薄めた液を壁面などにスプレーし、清潔な濡れぶきんでふき取って仕上げればOK。気になる臭いもなくなります。