揚げ物をおいしく揚げるタイミングを教えて!

揚げ物をおいしく作るコツは油の温度にあります。
そこで、油の温度の簡単な見分け方を。
まず低温(160度)。
菜箸の先を湿らせて油の中に入れ、ポツポツと泡立つ程度が低温です。
次に中温(170〜180度)。

同じように菜箸を入れたときに、シュワシュワと音を立てて泡立ち、広がっていくのが中温です。
高温(190度)は菜箸を入れたとたん、ジュワーッと勢いよく泡立ちます。(たいていの揚げ物は中温で揚げていきますが、カキフライなど、素早く火を通したいものは高温で。)

カラッと仕上げるコツは、1つは、引き上げる直前に火を一瞬強めること。
もういいかなと思うところで火を強め、一呼吸おいて引き上げます。
こうすることで油切れがよくなり、カラッと揚がります。
もう1つは、油をよくきること。

キッチンペーパーを敷いた揚げ物用バットに、立てかけるようにおくと油が早くきれ、ベタッとしません。