煮魚をおいしく作るコツを教えて下さい。

煮汁が冷たいうちに魚を入れると生臭くなる原因に。
必ず煮汁を煮立たせてから魚を入れます。
また、ひっくり返していると、皮や身がはがれてボロボロになってしまうので、オーブンシートやアルミホイルで落し蓋をしたり、スプーンで煮汁をかけながら煮ていくと、身が崩れずふっくらと仕上がります。

落し蓋:オーブンシートやアルミホイルを鍋に口径に合わせて形作り、中心に穴をあけて落し蓋を作ると便利。
木の落とし蓋を使う場合は、魚の匂いが移ったり、皮がフタにくっついたりしないように、必ず水で濡らしてから使用します。

煮汁…白身魚のカレイやヒラメ、メバルなどは薄味で汁も少し多めにさっと煮、青い背の魚(サバ、イワシ、ブリやタイ、キンキなどは濃いめの味付けで、長めに煮るのがポイントです。
どの魚も同じ煮汁の配合で煮てはいけません。
種類に応じて、煮汁の配合を変え、しょうがなどで風味をつけたりします。