塩抜きに塩水を使うのはなぜ?

意外にも真水よりも薄い塩分につける方が、早く塩が抜け始めるからです。

また、塩けが抜けすぎると苦味を感じる場面もあるので、塩の抜けすぎが防げる塩水の方が便利なのです。